通性高校に通う生徒たちは、どんな人?

高校LIFE

どもどもアッチャンです!

 

今回は、通信制高校に通っている生徒にはどんな子たちがいるのか紹介しつつ、

私はどのような対応をとってきたか書いていこうと思います。

 



不登校、ひきこもり

この子たちは基本的に多いイメージです。

中学校から不登校だった子たちが、通信制に直接入学するので、おのずと多くなります。

ただ、私の経験上、入学してからの伸び率は1番です!!

 

人と接するのが苦手なので、今まで経験をすることができていません。

社会に慣れ、やることをしっかり把握できれば、

自分でどんどん勉強できるようになる可能性があります。

 

私だったら、初登校を見逃しません。

少しでも、安心して登校ができる場所、楽しい場所という印象になるように頑張ります。

会話が苦手な子が多いので、こちらから質問し、一問一答形式に持ち込みます。

そこで、その子の情報をできる限り得るように、さりげなく引き出し、

今後来た際の会話のネタにします。

 

勉強では、まずは個別に勉強を教えます。

勉強方法のコツをつかんだら、2~3人のグループになって勉強を教えます。

他の生徒を選ぶのはセンスです。

この子には誰が合うか・・・

この組み合わせがうまくいけば、コミュニティ(友達)ができます。

 

こんな感じの接し方をしますね。

 

やんちゃな子たち

少なからずやんちゃな子たちはいます。

特にこの子たちは、誰かのつながりで入学してくる子たちが多いです。

なので友達には困りません

 

あとは、先生をなめてるやつもいますので、

リーダー格の奴と男の勝負をします。

 

勝負というのは・・・腕相撲です。

 

男の子なら大抵食いつきます。

私はスポーツで高校に入り、3年間がっつり鍛えていたので、

そこらへんのお兄ちゃんになら、力で負ける気がしません。

むしろ生徒には勝たなくては行けないので、鍛えてました。

ってことで圧倒的な力の差を見せつけて、

仲良く(逆らえない環境を作るwww)なります。

 

その後は何か言ってきても理論でせめて、

何もかなわないことを見せつけ勉強させます。

 

これはすみません。

特殊すぎる指導なので参考にならないですよね。

 

何が言いたいかというと、

 

根は素直なので、角が立った言い方や、

筋が通っていないことに関しては敏感ですが、

甘やかさず、遊ぶときは一緒に思い切って遊び、本気で勝負し、

裏表なく接することが大切ということです

 

前の学校でトラブルにあった

トラブルというのは、

例えば

友人間のいざこざ、

いじめ、

教員とのトラブル、

部活、

事件に巻き込まれる・・・

など様々です。

 

正直、対応は他の生徒とかわりません

といっても私は、出来る限り生徒と会話をするようにしています。

そしてできるかぎり聞き手にまわります。

もともとは、自分が面白い話ができないので、

聞き手になる方がらくだったからです・・・

ですが、教員は聞き手になって、

生徒のいろんな情報を得た方がその子のためになることが多いと思います。

それに生徒は安心するようです。

なので、基本的にトラブルがあった子だとしても、

出来る限り普通に接します。

ただ、事前にトラブル内容は把握して、

それに関連するものは避けます。

 

持病・障害がある子・

言葉通り、持病や障害を持っている生徒の事です。

 

そこまで重くない子には普通に接しますが、

難しいと判断した際は、長い期間を使っての卒業を進めます。

恐怖症性障害の生徒には特にです。

 

現状のまま卒業できたとしても、

社会に出てからが大変になってしまいます。

学校は社会に出る為に学ぶ場です。

学校にいるうちに、ある程度のとこまでもっていった方が良いと思っています。

でないと、克服する場、タイミングが少なくなってしまうからです。

 

なので、勉強以外はゆっくり慣れていくように、

カウンセリングをうけながら、

自分のペースですすめます。

 

いやだーっていう子には、

頑張ってもらうしかないですけどね。

 

 

学校(大人)が嫌い

結構います。

特に先生が嫌いが多いです。

話を聞いていると、同じ教員として情けなくなります。

理不尽や決めつけ、話を聞かないなどなど、

生徒をなめてるようにしか思えません。

あとは、俺は昔からこうやってきたからといって何も変わらない人かな。

正直そういう方はいます。

 

でも、こういう考えの子たちも、

あんがい独自のルール(考え方)を持っていて、

これはこうあるべきと、

自分の意見が絶対正解としている子も多いように感じます。

正直相当気を使います。

 

やんちゃな子たちに対してもですが、

筋が通っていないと納得してもらえないので、

間違った行動や意見は言えないからです。

当たり前ですが、あんがい人って雰囲気で決まっていくことも多いんですよ。

でもそれが通用しないんです。

 

でも唯一あるんです。

適当なことが言えるタイミングが、

それは…ふざけている時です!!

ふざけてるときはチャンスです。

あくまでおふざけなので正解なんてありません。

楽しませたもん勝ちです。

そういったところで、考え方に余裕を持たせるように努力してましたね。

 

 

芸能界やスポーツに駆ける子

これは以前も書きましたね。

今活躍している方で、

通信制高校出身や、通っているという進行形の方。

めちゃめちゃ増えましたね。

 

たぶんスタートは、

活動をしていると、全日制高校では出席日数が足らなくなっちゃうんですよね。

あとは自由に使える時間が多いという理由は大きいですね。

 

活躍しているアイドルや、スポーツ選手も教えましたが、

売れる子や成績を残す子はみんないいイメージですね。

ぜひこれからも頑張ってもらいたいです!!

 

 

最後に

完璧に主幹で、個人的な考え方です。

もちろん違うとらえ方や接し方の方もいらっしゃると思います。

1つの方法としてみてもらえたらと思います。

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました