通信制高校のメリットとデメリット

高校LIFE

どもどもアッチャンです!

 

今回は通信制高校のメリットとデメリットについて書いていきますね!

 

外のサイトにも書いてあったりしますが、

個人的に思うこともあるので、

それも含めてオリジナルで書いていこうと思います。

 



メリット

登校日が少なく時間が自由

まずは以前の投稿でも書きましたが、

全日制に比べて時間の自由が多いということです。

具体的な理由が知りたい方はこちらを確認ください。

通信制高校でも大学進学はできる!!ということは専門学校も行ける!!

 

ってことで話は戻りますが、時間があります

この時間を自由に使うことができ、いかに時間を使うかで、

メリットになります。

 

時間の使い方はそれぞれです。

代表的なものは以下になります。

勉強     ・・・大学受験の勉強など、苦手な子でも自分のペースで行える

スポーツ   ・・・プロスポーツ選手を目指すため練習や海外遠征に使う

芸能     ・・・芸能活動やレッスンにあてている

バイト    ・・・アルバイト

遊び・趣味  ・・・好きなことができるってこと

 

毎日学校に行かなくていい

次は学校に毎日いかなくてもいいということです。

学校が嫌い、先生が嫌い、友達とコミュニケーションとるのが苦手などなど、

不登校・ひきこもりだった子にストレスが少なくてすみます。

そして勉強同様、自分のペースで登校ができるのです。

 

友達の幅が広がる

これに関しては、こんなこともあるのか!!

と私自身驚いたのですが、

 

やんちゃな子と不登校だった子が仲良くなったんです。

きっかけはスマホのゲームです。

今や高校生は何かしらのスマホゲームをしています。

私も生徒との話題集めを理由にしていました。

なので生徒に教えてもらっていたのですが、

それを聞いていた、やんちゃな子も同じゲームをしていて、

一緒にやるようになったんです。

 

不登校君も最初はちょっと引いていたのですが、

得意なゲームだったので徐々に慣れてきて、

学校に来たときはゲーム仲間として友達になっていました。

 

正直、仲良くなるのはいいのですが、

不登校君が調子に乗って、

悪いことを覚えないか心配だったのですが、

そこはしっかり線引きをしていたし、

私もやんちゃ君に釘を打っておいたので問題ありませんでした。

 

あとは、学年が違う子たちでも交流ができるので、

年齢関係なく仲良くなります。

というのは、私が勤めていた学校では、

学年ごとに行事を組まず、

全学年一緒の行事にしていたからです。

特に体験形式の行事(BBQやスキー旅行など)だと、

グループを一緒にしたりして行うので仲良くなりやすいんです。

グループ分けは慎重に分けるのでかなり時間をかけますが・・・

 

という感じで友達の幅も広がり、

卒業後も交流があるとよく聞きます。

 

経験の幅が広がる

これは私が行ってきたことですが、

いろいろな経験をしてもらいたかったので、

毎月イベント(行事・校外学習)を組んでいました。

毎月イベントがあった方が楽しいですし、

卒業条件である特別活動としても認めることができますからね。

例えばですが、

4月        ・・・新入生歓迎BBQ

5月        ・・・ルミネtheよしもとお笑いを生で見よう

6月        ・・・陶芸教室

7月        ・・・ディズニーシー

8月        ・・・林間学校

9月        ・・・大人のアスレチック体験

10月      ・・・浅草散策~日本1の高さスカイツリー~

11月      ・・・修学旅行(沖縄・関西・北海道・海外)

12月      ・・・イルミネーションを作ってみよう!!

1月        ・・・初詣

2月        ・・・スキー旅行

3月        ・・・三送会

※例として上げたので、毎年行っている行事もあれば、行っていないものもあります。

こんな感じです。

あと行ったことがあるのは、劇団四季や宝塚観劇、映画鑑賞などもありましたね。

 

ぱっとみ楽しそうでしょ?

遊びにも思えるかもしれませんが、

楽しむを大事にしてました。

 

学校に来るのは本人の意思ですので、

楽しければ学校に来やすいかなと思ったので。

1つ楽しかったと思えれば、次も参加しようと思いやすいですよね。

 

あとはいろいろな経験をさせてあげたかったんです。

特に不登校の子には、人生を楽しんでもらいたかったので。

 

お金も別途かかるので参加不参加は自由にしてました。

でもこれのためにバイトを頑張ったりする子もいたりしたので、

複雑ではありましたが、アルバイトで社会経験もできていると割り切りました。汗

 

費用が安い

これは全日制高校に比べると学費はかなり安いです。

全日制高校のように毎日学校に来ているわけではないので、

単純にそこでの差が生まれますよね。

学校としては、サポートしている時間が短いので、

全日制高校と同じだけ取るわけにはいかないんです。

 

社会を知る

社会を知るというのは、

個人的に社会を生き抜く力が養えると思っています。

全日制の高校では学校というくくりだけで1日の大半を使います。

しかし通信制では時間が多くあるので、

アルバイトをする時間が長く、

働いてお金を得る大変さが全日制の生徒よりも実感するようです。

最初は大金に感じるのですが、

こんなに働いてもこれだけ・・・と感じるようになるそうです。

 

また、アルバイト時間が長いことで、

大人と接する時間が増え

同じ年の子よりも考え方が大人になってく傾向もあります

高校生ですが、大人としての自覚が芽生えはじめます

 

また、働くことで効率性を養えます。

最初は教えてもらいながら働きますが、

人は以下に楽をするか考える生き物なので、

効率性を考えるようになり、

自主的に計画を立てて動くことができるようになります。

 

※ものによっては個人差がありますので、参考程度ととらえてください。

 

デメリット

自分で勉強の計画を立てなくてはならない

これに関しては、通信制の特徴ですね。

もちろん学校もサポートするのですが、

全日制高校のように、流れがすべて決まっており、

先生がいつもおしりをたたいてくれるわけではありません。

 

通信制高校は自学自習が基本です。

それぞれ提出日が決められており、

それまでに提出しなければなりません。

できなかったらそこで単位を落とすことが決定です。

 

勉強するのは自分です。

なので計画的に行わないと、夏休み最終日のようなことが起きます。

 

社会的なイメージが悪いという誤解

通信制高校の認知度はまだまだ低いです。

通信制高校と聞くだけで、

勝手にマイナスなイメージを持つ人もいます。

知らないって怖いですよね。

だから私はこのブログをしています!!

みんなで通信制高校を広めましょう!!

なので拡散お願いしますwww

 

最後に

読んでいただいてわかる通り、

経験に基づいて書いているので、

全て当てはまるわけではありませんのでご了承ください

 

また、デメリットが少ないですよね。

これに関していうと・・・デメリットないんですよね。

むしろデメリットで書いた計画的に行わなければならないってことも、

実はメリットだと思っていて、

高校生のうちから、

ここまで計画的に行うことを学べる機会があると考えたら、

メリットだと思ってしまうんですよね。

これって大学生が大学卒業のために行っていることと変わらないですよ。

 

プラス思考を意識しているのでデメリットに感じないのかもしれません。

参考にならなかったらすみません。

他にあったらまた紹介します。

 

今回は以上です。

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました