通信制高校の入学までにすべきこと!~入学までの流れ~Part②

中学生・高校生共通

どもどもアッチャンです。

 

今回は前回の続き!

入学までにすべきこと!~入学までの流れ~Part②

となります。

 

まだ前回のを見ていない方は、

入学までにすべきこと!~入学までの流れ~Part①

を見てくださいね!!

 

前回のおさらいです。

入学の流れとして

①相談

②資料請求

③資料が届いたら確認すべき事項

まで説明しました。

今回はこれの続きとなります!!

それでは早速いきましょう♪

 



学校見学

届いた資料の確認が終わったらいよいよ接触を試みます。

そう!

学校見学です!!

学校見学は絶対してください。

気になっている学校は全て行きましょう!

正直行ってみないとわかりません。

創造と全く違ったりしますし、学校によって運営方法も違います

 

基本的に請求した資料の中に、学校見学の案内が同封されていると思います

そこに書いてある連絡先に問い合わせてみましょう。

 

問い合わせる

基本的には電話ですが、メールで予約したりホームページからも予約できるようです。

電話って緊張しちゃいっますよね・・・

でも楽しい未来への一歩だと思い、勇気を出して進みましょう!!

 

電話の内容としては

①名前を名乗る

②学校見学をしたいことをつげる

③日時の確認

④場所の確認

このくらいです。

 

あとは、相手から質問されるかもしれませんので、

それに対しては素直に答えましょう

 

こうまとめてみるとどうですか?

案外たいしたことないですよね!

 

気になる部分をまとめる

次は実際に見学に行った際に確認することをまとめます

 

前回のパンフレットの時に話した部分ですね。

学校によって異なる部分がいくつかあったと思います。

そういった部分をまとめておき、確認するといいですね!

あとは、パンフレットに記載されていない

具体的な内容なども聞いてみるのもいいかもしれません!

例えば

・学習方法はどのように行うのか?

・学習のサポートはどのようにしているのか?

・スクーリングはどこで行うのか?

・どんな生徒が在籍にしているのか?

等は自分が入学してからイメージがしやすい内容ではないでしょうか!!

 

学校見学に行ったら

次は実際に学校見学に行ったらどうするか説明しますね。

 

ズバリ!

流れに身をゆだねてください

学校側はある程度流れを決めています。

なので学校側が進める流れにゆだねていいと思います。

その中には、施設の見学学校説明が入っています。

学校見学といってもその程度です。

 

施設見学をする際は、雰囲気を見る程度になると思います。

学校説明に入る際は、対面式で机といすに座って行われると思いますので、

その際に用意していた質問や確認事項を聞いてみましょう!

 

入学する学校を決める

学校見学が終わったら、

いよいよ入学する学校を決めます

 

ここで言えるのは、もうあなた次第です!

 

ここまで調べて見てきたので、直感でいいと思います。

 

もし悩んでいる学校が2つ以上ある場合は、

原点に戻りましょう。

 

それは・・・

「なぜ通信制高校に入りたいと思ったか」です。

その理由を中心に、1番実現しやすい学校を選んでみてはどうでしょうか。

 

あと、あえて言うなら、そこで働いている先生、事務員さんの雰囲気です。

自分がいて1番心地よい場所は、周りの人の影響が大きいです。

そんな場所なら、求めているものも実現しやすいかと思います。

 

入学日を決める

学校が決まったら入学日を決めます

 

ただこれは、先に決めている人が多いです。

正直それはお薦めしません。

なぜなら、時間が決められていると、

じっくり考えて学校を決めることができないからです。

また、準備があわただしくなり、いろんな人に迷惑をかけます

 

切羽詰まっていないと決められないという人は、

周りに迷惑をかけること前提で動いてください。

 

話を戻しますが、入学日を決める際は募集要項を確認します。

中学校からストレートで入学を考えている人は、

当然4月に入学です。

全日制の高校から入学を考えている人は、

たいてい月のはじめ(1日)です。

 

 

出願期間を確認する

入学日を決めると同時に確認しなければならないのが、出願期間です。

 

中学校からストレートで入学を考えている人は、

出願期間がだいたい12月~4月のあたまくらいなので、

その期間で、必要な書類など準備をしましょう。

全日制の高校から入学を考えている人は、

学校によって異なります

募集要項をよく確認して準備しましょう。

 

 

出願の準備

資料請求した際に出願書類一式が同封されいたと思います。

基本的に以下のものが入っておりフォーマットが決められているものもあります。

受験料振り込み用紙

受験する際には費用がかかるので、あらかじめ振り込みが必要です。

振り込んだ際に受領書のようなものがもらえるので、

出願の際に一緒に郵送します。

学校によりますが、

この受領書を願書の裏にのりで貼るようにしている学校もあります。

 

願書

願書はフォーマットが決められており、自分で記入します。

基本的には個人情報ですが、印鑑が必要な個所もありますので、気を付けましょう

 

調査書

調査書は今在籍のある学校が作成するものです。

内容について簡単に説明すると、

いつからいつまで、だれが、どこに在籍していて、

在籍期間に何の科目を履修し、何の科目が修得しているか。

等の情報が記載されています。

 

これもフォーマットが決められている場合があります。

その場合はその用紙を今いる学校の先生(担任)に渡して作成をお願いしてください。

 

在学証明書

これは名前の通りですね。

この生徒は、この学校に在籍していることを証明するといった書類です。

もちろん今在籍している学校が作成します。

 

転学の紹介(転入学のみ)

これは、高校を転学する際に必要な書類です。

今在籍している学校が作成します。

 

これもフォーマットが決められている場合があります。

その場合はその用紙を今いる学校の先生(担任)に渡して作成をお願いしてください。

 

 

出願

出願に必要な上記の書類がすべて整ったら出願します。

前回も書きましたが、

資料請求した際に同封されていた出願用封筒に入れて郵送するのが一般的です。

持参してもいいでしょう。

 

受験

出願して受理されると学校から受験の案内の連絡が来ます。

指定された場所に決められた時間に行ってください。

服装は私服でも構わないところが多いですが、

制服を着ていった方が無難でしょう。

清潔感のある格好で受験しましょう。

これは社会の常識です。

 

合格発表

受験が終わり、数日すると結果連絡が来ます。

合格した際は、入学に必要な書類が一緒に郵送されると思うので、

期日までに提出してください。

また、入学金等の支払い案内も来ると思いますので、

同じく期日までに支払うようにしましょう。

支払いがない場合は、入学辞退とみなされてしまいます。

 

 

入学

これらがすべて終了すると無事入学です。

 

おめでとう!!

 

正式に入学が決まると、学校側から入学してからなどの流れの説明があると思うので、

それに従ってください。

 

最後に

以上が入学までの流れになります。

最後はそこまで説明することもなかったので、

淡々としたものになってしまいましたが・・・

イメージつきましたか?

イメージがついた方も、つかなかった方も、まずはこの流れでやってみてください!!

まず間違いはないと思います。

これらを知っているとなんか気持ち楽ですよね!

そういう気持ちなれることが目的のブログです。

 

この後も参考になることをどんどん発信していきます!!

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました