学費に対する国・県からの補助

費用

どもどもアッチャンです。

 

前回は通信制高校の学費について説明しました。

まだ見ていない方はこちらをご覧ください。

通信制高校の費用(学費)は?

 

今回は前回の費用に関係するお金の話です。

国・県からの補助に関して説明しますね。

 

特にこの2つについて説明します。

高等学校等就学支援金制度

高校生等奨学給付金

この2つの違いについて説明していきますね。

 



高等学校等就学支援金制度

高等学校等就学支援金制度について

これは国が行っている授業料に対する返還不要の補助です。

数年前に公立高校無償化となりましたが、

それがこれです。

現在は私立高校にも適用されています。

もちろん通信制高校も対象です。

 

ただ全て無償化ではなく、

各ご家庭の経済状況によって、補助される金額が決まります。

場合によっては1円も出ません

しかし、この高等学校等就学支援金制度は改定され、

2020年4月以降は、補助される金額の幅が広くなりました。

 

この制度は、簡単に極端に言うと、

経済的に苦しい家庭には、補助額を多くしますよ。

でも経済的に余裕のある家庭には補助しませんよ。

っていう制度です。

 

この補助される金額には上限があるんですが、

2020年の4月からは、その上限いっぱいもらえる家庭が増えたんです。

簡単に説明すると、

収入は変わらないのに、

2019年までは10,000円だったのが、

2020年4月からは20,000円になった。

って感じです。

 

受給できない人

それでは気になる、

高等学校等就学支援金制度を受けられない方について以下に記載します。

・ご家庭の年収の目安が、約910万円以上

・高等学校等(就業年数が3年未満を除く)を卒業、もしくは終了している

・高等学校に在学した期間が、全日制高校では36か月、定時制・通信制高校は48か月を超えた人

以上が受けられない人になります。

 

申請場所

申請場所は在籍している学校になります。

入学時に申請書をもらえますのでしっかり確認しましょう。

 

支給される金額

以前も話しましたが、通信制高校は単位制です。

単位ついて知りたい方はこちらの投稿を確認してください。

単位の取得方法!~やることは3つあります!学習方法について~

 

話は戻りますが、授業料は1単位に対して金額が決まっています

修学支援金も1単位に対して支給されます。

 

先ほども話しましたが、この金額が家庭の経済状況によって決まります。

年収の目安が590万円未満の場合

→ 1単位当たり最大で12,030円まで

年収の目安が590万円以上 ~ 910万円未満の場合

→ 1単位当たり最大で4,812円

年収の目安が910万円以上

→ なし

※1単位あたりの単位料が上限となり、それ以上は受給できません。

 

これだけではわかりにくいと思いますので例だしますね。

 

前提

1単位・・・8,000円

履修単位・・・25単位

通常かかる費用

8,000円 × 25単位 = 200,000円

 

例① 年収の目安が590万円未満の場合

年収の目安が590万円未満の場合、

1単位当たり最大で12,030円まで支給されます。

この場合1単位8,000円なので上限が8,000円となります。

 

なので通常は

8,000円 × 25単位 = 200,000円かかるはずが、

1単位当たり8,000円すべて支給されるため、

200,000円すべて支給されます。

なので授業料は0円です。

 

例② 年収の目安が590万円以上 ~ 910万円未満の場合

年収の目安が590万円以上 ~ 910万円未満の場合、

1単位当たり最大で4,812円まで支給されます。

この場合は1単位8,000円から4,812円を引きます。

8,000円 ― 4,812円 = 3,188円

引くと3,188円になります。

なので、

3,188円 × 25単位 = 79,700円

となるため、

授業料は79,700円となるのです。

 

どうでしょうか?

イメージつきましたか?

細かいものは、

文部科学省が出しているリーフレットのリンクを貼っておきますので、ご確認ください。

高等学校等修学支援金制度

 

高校生等奨学給付金

高校生等奨学給付金について

「高校生等奨学給付金制度」は、

生活保護世帯や住民税非課税世帯の高校生に対して返済不要の給付金を支給し、

低所得世帯の学費を支援する制度です。

ここで確認すべきところは、高校生等奨学給付金制度は、

授業料以外に使用していいということです。

なので書き方が学費を支援という書き方にしています。

 

受給できる人

上記にも書きましたが、

これは低所得者、生活保護世帯や住民税非課税世帯が対象です。

 

申請場所

申請場所は住んでいる都道府県になります。

基本的に学校から案内がきますが、申請するのは住んでいる都道府県になりますので、

案内をしっかり読んで申請しましょう。

わからないことがあった際は、直接都道府県に連絡しましょう。

文部科学省が公開している問い合わせ一覧を貼っておきますので

参考にしてください。

奨学給付金問い合わせ一覧

 

支給される金額

生徒1人当たりの支給額は、

国公立か私立か、

また、第2子以降は「15歳以上23歳未満の兄弟姉妹」がいるかどうかで異なります。

実際には、都道府県ごとに内容が異なる可能性があるので、

具体的支給額や手続きについては確認が必要です。

 

<支給額>(国の補助基準)

生活保護受給世帯(通信制)

私立高等学校等:年額5万2600円

 

市町村民税所得割額が非課税世帯(生活保護受給世帯を除く)

・第1子の高校生等

私立高等学校等:年額3万8100円

 

・第2子以降の高校生等(15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる場合)

私立高等学校等:年額3万8100円

 

 

最後に

今回は補助金に関してでした。

今回紹介したものは、合わせるとかなり大きな金額になります。

当たり前のこと言いますが、申請しないともらえません。

申請をしてなくて後から気づく方が少なからずいらっしゃいます。

学校は必ず案内を出しますので、見逃さないようにしましょう。

 

またこの補助により、私立学校といっても、

かなり身近なものになりました。

費用を気にしている方はぜひ確認してください。

 

それではこれで終わります。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました